債務整理

債務整理について

「この世の全ての人間は、多重債務者になる可能性がある」これは債務整理に関わっている法律家が口を揃えて言う言葉です。私もそう考えております。世間では借金に苦しんでいる人の多額の債務の原因は、激しい浪費癖や、ギャンブル、風俗通い等の遊興費だと考える風潮があります。確かにそういう人もいるでしょうが、実際は、リストラ、病気、離婚による養育費の未払いなどによる生活苦のため、やむなく借り入れをする人が多い様です。多重債務の状態に陥り、債権者から連日のように催促の電話がかかってきている人もいることでしょう。そのような場合に冷静な判断能力を維持することは難しいものです。精神的に不安定になり、うつ状態になっても不思議ではありません。また、返済が長期化することで、自分の返済すべき借金の額が把握できていな人もいるのではないでしょうか。

上記のような状況になった場合、ご自身のみの力で債務を整理し完済する事は、極めて困難です。お一人で悩んでいる方は、どうか電話相談だけでも良いので、勇気をもって専門家の意見をお聞き下さい。特に平成18年以前から借り入れをなさっている方は、借金の返済が終了してなお、返済をしている可能性があります。是非とも一度ご相談ください。

受任通知とは

司法書士に債務整理をご依頼いただいた場合、受任した司法書士はお客様の各債権者に、債務整理の依頼を受けた事を通知します。これがいわゆる受任通知というものです。受任通知を受けた各債権者はお客様に対して催促の電話、及び直接の訪問による催促などが禁止されます。つまり司法書士を窓口としなければならなくなるのです。この受任通知によりお客様のご自宅に消費者金融などのからの催促の電話はピタリと止むのです。これが受任通知の威力です。

受任通知を送付した後の債務整理の手続き

任意整理について

メリット
裁判所の関与なしに、直接、消費者金融の担当者などと減額の交渉ができます。指定された日時に裁判所に足を運ぶといった事もありません。当事者間で和解契約の締結もできます。和解が成立すれば返済額を減額した上、ほとんどの場合、和解後は利息の発生を免除してもらえます。分割による返済の負担が大幅に軽減されるわけです。

デメリット
債権者側の態度が頑なで交渉を拒絶している場合、交渉が長期化する事があります。また和解契約が成立しても、債務者の方が和解条項に違反して返済が滞ってしまった場合、和解契約が無効となります。その場合、再度の和解は至難となるでしょう。

破産手続きについて

メリット
租税債権(滞納した住民税など)を除き負債が完全に免責されます。くだけた言い方をすれば、借金が完全にチャラになります。債務整理としては最強の手続きと言っていいでしょう。

デメリット
申立ての際に借入れ先の債権者を書面に記入して提出しますが、この際に債権者の記入漏れがあると、その債権者の借金は免責されません。破産手続きを行った事が官報に公告されてしまいます(といっても、普通の人は官報など見ません。官報の存在すら知らない人も大勢います)。また、警備員や保険の外交員になれないなどの職業の制限があります。


借金を完済せずに債務整理を選択する事に、後ろめたさを感じられるお客様もおられる事でしょう。しかし利子ばかり返済して、元本が減らない状況が長く続けば生活は苦しくなる一方です。また終わりの見えない返済には、明るい未来を感じることも難しいでしょう。そうだとすれば、専門家に依頼し、債権者と交渉して、経済的にも精神的にもゆとりが持てるよう、負債の額を減らすべきだと私は考えております。また破産手続きを選択する事を人生の終わりと誤解なさっている方も多くいるようです。しかし負債をすべて無くし、新しい人生のスタートを切ることは、かげがえのない尊い権利ですし、人間的な魅力は少しも損なわれることはありません。負債を無くし、新しい人生をスタートさせる、あなた様は相変わらず魅力的な人間です。お客様が債務整理をなさることで、お客様の生活を立て直し、将来に希望が持てるよう、全力でお手伝いをさせていただきます。

費用について

任意整理

◆1社のみ
33,000円(税込)
◆2社以上の場合

1社につき
22,000円(税込)

3社の場合
22,000円×3社=66,000円(税込)

過払い金返還請求交渉

返還金額の20%(税込)

100万円の支払い請求に成功した場合
100万円×20%=20万円(税込)

破産手続き

220,000円(税込)

■実費
○破産手続
・印紙代
1,500円
・官報費用
10,584円
・郵送料
500円~1,000円
◯破産管財人
200,000円~300,000円
※債務者の所有財産により変動しますが、専任されない場合が多いです。


声に出すことで“ホッ”とされる方がほとんどです


無料電話相談実施中!
専門的な知識を必要とすることは、悩んでいても先に進みません。
まずはお電話ください。解決までの道筋をご案内させていただきます。
お電話でのご相談は30分まで無料ですので、ご安心ください。
多くの場合、問題解決までの道筋を30分以内でご提案することができます。

無料出張相談実施中!
当職が直接お客様のご自宅に訪問し、お話を伺わせていただきます。
書面によるご案内ができるため、お客様のお悩み解決までの道筋を、詳細にスピーディーにご案内できます。
また、お客様の資料を拝見させていただくことで、気が付かなかった問題点を発見することができます。
※お客様のご自宅が町田市・川崎市・相模原市以外の場合は、鶴川駅からの移動費を頂戴させていただいております。

LINE@相談も受け付けております。

友だち追加数


ABOUTこの記事をかいた人

アバター

平成23年司法書士試験合格/法務大臣認定司法書士/公益社団法人リーガルサポート所属
昭和51年8月8日生/趣味:読書・相撲観戦/相模原の出身校:並木小学校・緑が丘中学校

初めまして、相模原市出身の司法書士田端最利雄です。開業35年の藤沢の老舗の事務所で修行を積んで参りました。子供の頃からお世話になった相模原市に尽くす決意を持っております。私の法律家としての理念はフットワークの効いた迅速な手続きで、お客様のご負担を軽減することです。お仕事や、家事におわれるお忙しい日常で、面倒な法律の知識が必要となる、法的手続きを行うのは容易な事ではございません。そこで当職がお客様に代って法的手続きを遂行させていただきます。とはいえ、法律家に相談する事に敷居を感じられるお客様もおられるかもしれません。しかし司法書士は身近な町の法律家でございます。御遠慮なくご気軽にご相談くださいませ。宜しくお願い申し上げます。