住宅ローン借換えサポート

現在日本では住宅ローンの金利が過去最低水準となっております。フラット35は最低金利を更新し、1%台となっているのです。また民間の金融機関では、更に低い金利を設定しているところも珍しくありません。「今買っていれば・・・」と後悔している方が多いのではないでしょうか。そこで検討していただきたいのが“住宅ローンの借換え”です。かつてない程の低金利になった今こそ、借換えの絶好のチャンスです。借換えとは、より低金利の有利な条件で別の金融機関のローンに切り換え、現在借りているローンを一括返済することです。それでは、住宅ローンの借換えの特徴をご紹介いたします。

・同じ銀行から同じ銀行へ借換えはできない
・フラット35からフラット35への借換えは可能
(※ただしフラット35Sへの借換えは認められておりません)
・現在変動金利の金利が特に低い
・固定金利は変動金利よりも高め(※それでも現在は1%台)
・審査が新築の頃と比較して厳しめの金融機関が多い

借換えの効果が特に顕著に得られる方は、住宅金融公庫から高金利時代の3%台で借入れをした方でしょう。フラット35からフラット35への借り換えができるので、低金利の現在はより有利な条件で同じフラット35への借換えをおすすめします。なぜなら一度フラット35でローンを組んでいるので、審査も比較的通りやすいですし、収集する書類も少なくてすみ、経費を節約できるからです。借り換えの効果が見こめる金利差はローンの残額にもよりますが、0.5%以上であれば検討する価値があるといわれております。借換えの審査を無料で行っている金融機関が多いので、試してみてはいかがでしょうか。借換えの流れは、概ね下記のようになります。

借換えを希望する金融機関に相談

住宅ローンの申し込み

借り換え先の銀行の審査

審査が通ったのちに借換え先の銀行にてローン契約

現在の銀行で借換え手続き

抵当権の設定

各金融機関によって手続きの期間は異なりますが、1か月くらいだと考えて良いでしょう。必要な書類は金融機関によって異なりますが一般的には、給与証明書・課税証明書・源泉徴収票・健康保険証・団体信用生命保険申込書兼告知書などとなります。必要経費として印紙代・保証料(ネット系では無料の金融機関あり)・登録免許税などで合計60万円前後です。

司法書士は銀行と連携して仕事をする事を得意としております。お客様に代わって借換えに必要な書類の収集、銀行との事務連絡、そして借換えに必ず必要となる古い抵当権の抹消登記、新たな抵当権の設定登記まで行うことができます。

費用について

住宅ローン借換えサポート

110,000円(税込)
※住宅ローンの審査に必要な書類の収集・審査の申込みサポート及び抵当権抹消登記・抵当権設定登記すべて込み

■実費
・抵当権設定契約書に貼る印紙代
20,000円
・住宅ローン保証料(※無料の金融機関あり)
400,000~600,000円
・抵当権設定登記の登録免許税
債権額の4/1000

債権額金1000万円×4/1000=4万円


声に出すことで“ホッ”とされる方がほとんどです


無料電話相談実施中!
専門的な知識を必要とすることは、悩んでいても先に進みません。
まずはお電話ください。解決までの道筋をご案内させていただきます。
お電話でのご相談は30分まで無料ですので、ご安心ください。
多くの場合、問題解決までの道筋を30分以内でご提案することができます。

無料出張相談実施中!
当職が直接お客様のご自宅に訪問し、お話を伺わせていただきます。
書面によるご案内ができるため、お客様のお悩み解決までの道筋を、詳細にスピーディーにご案内できます。
また、お客様の資料を拝見させていただくことで、気が付かなかった問題点を発見することができます。
※お客様のご自宅が町田市・川崎市・相模原市以外の場合は、鶴川駅からの移動費を頂戴させていただいております。

LINE@相談も受け付けております。

友だち追加数


ABOUTこの記事をかいた人

アバター

平成23年司法書士試験合格/法務大臣認定司法書士/公益社団法人リーガルサポート所属
昭和51年8月8日生/趣味:読書・相撲観戦/相模原の出身校:並木小学校・緑が丘中学校

初めまして、相模原市出身の司法書士田端最利雄です。開業35年の藤沢の老舗の事務所で修行を積んで参りました。子供の頃からお世話になった相模原市に尽くす決意を持っております。私の法律家としての理念はフットワークの効いた迅速な手続きで、お客様のご負担を軽減することです。お仕事や、家事におわれるお忙しい日常で、面倒な法律の知識が必要となる、法的手続きを行うのは容易な事ではございません。そこで当職がお客様に代って法的手続きを遂行させていただきます。とはいえ、法律家に相談する事に敷居を感じられるお客様もおられるかもしれません。しかし司法書士は身近な町の法律家でございます。御遠慮なくご気軽にご相談くださいませ。宜しくお願い申し上げます。